にらたまちゃんの【仮想通貨】テクニカルメモ☆彡

仮想通貨と株の備忘録かねてブログ始めました(^^)/

【BTC】テクニカル 今後の展開を予想中☆【2017/11/20】


-スポンサードリンク-

f:id:niracryptocurrency:20171120190345p:plain

 

こんばんは! にらたま(@jyImbQ93)です。

 

10日ほど前に、BTC「エリオット波動の下降3波」をこなすと予想しました。

 

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

約60万円まで下がった1波目は、ほぼほぼ予想通りでしたが、

2波目がまさかの高値更新をしてしまい、当初のシナリオは崩れました。

 

f:id:niracryptocurrency:20171120110100p:plain

 

そこで、改めて今後の展開を予想してみます。

 

現在のチャート

 

日足

・移動平均線

f:id:niracryptocurrency:20171120182650p:plain

 

 

・MACD、RSI、A/D、出来高

f:id:niracryptocurrency:20171120182926p:plain

 

愛用している「ダイバージェンス」 ですが、今回はA/Dはもちろん、MACDRSIで顕著に発生しています。

 

また、出来高を見てみると、この2日ほどの上昇ではボリュームが伴っていないんですよね。

また、本日も(今のところ)盛り上がっていない。。

 

週足

・移動平均線

f:id:niracryptocurrency:20171120183038p:plain

 

 

・ボリンジャーバンド(21週)

f:id:niracryptocurrency:20171120183138p:plain

 

 

 今後の見通し

 

各指標の「ダイバージェンス」や「出来高」の状況から、「一旦下落する」と予想するのが自然かと。

 

・下降3波に入らずに、再び高値更新したことや、

(おそらく、上昇5波目のエクステンション現象。) 

・直近の買い支え

など、難解な展開が続いています。

 

一部では「USDTによる買い支え疑惑」もささやかれていますが、その話は一旦置いておいて、、、

 

現在はまさしくバブルです。

BTCの先物が12月に登場する予定で、これからが本当のスタートだと思います。

 

そういう状況なので、純粋に「強い買いが入っている」とも考えれます。

 

ジンバブエなど一部の発展途上国(経済破綻国)では、自国通貨からBTCへの換金が起きているようです。

 

また、ファンドが続々と参入しているという話もあり、資金がどんどんと流入している状況かもしれません。

 

そうなると、テクニカルという「常識」は通用しなくなります。

今年前半の急騰相場がそうです。

 

なので、今の「下げない相場」はそんなに不思議でもないんですが、

ただ、ボリューム(出来高)が伴っていない点がイマイチなんですよね。。

 

 

なので、ここは一旦調整が入ると予想しておきます。

 

調整シナリオは2つ。

 

シナリオ その1

 

当初の想定に近い予想。

 

→下降3波をこなす。

(9/14安値~11/16高値の61.8%押しまで調整する。)

→その後、再び上昇トレンド回帰。

f:id:niracryptocurrency:20171120184239p:plain

 

 

シナリオ その2

 

11/11安値~11/16高値の61.8%押しまで調整。

→その後、レンジをこなして、再び強い上昇トレンドに入る。

f:id:niracryptocurrency:20171120184625p:plain

 

 

個人的には、

「シナリオ その1」:「シナリオ その2」=7:3

くらいに考えています。

 

普通に考えると「シナリオ その1」なんでしょうが、バブル相場は普通じゃないですからね・・・

 

「ビットはマンモス市場。バブルはチャートが正常ではない点に注意していきたい。」

(拝借してすみません(>_<))

 

これからも様子を見ながら、どのへんで買い戻すか探っていきます(´・ω・`)

(11/16が高値とはならず、ここからさらに上昇して行く可能性もあります。。)

 

 

-スポンサードリンク-

 さいごに

 

ひとつ気になることが。

 

先進国で行われていた非伝統的な金融緩和が、徐々に終了されています。

 

米国に関しては、資産圧縮&利上げも行われています。

「12月にも再び利上げが行われる」と予想されています。

 

日本においても、最近の日銀黒田総裁の発言に変化が出てきています。

 

 

今後は、世界的に金融引き締めの時代になると思われます。

(米国はすでにスタート済み。)

(日本はもうしばらく、現在の緩和を継続?) 

 

そんな中、既存の金融市場(経済)はそろそろ大きくクラッシュするという意見もあります(*'ω'*)

(わたしもそう予想。)

 

そして、金融市場・経済がクラッシュした場合、「仮想通貨市場は、逃避先として逆に暴騰する」という予想があります。

(同じく私も。)

 

一方、逆の予想として、

金融引き締めにより、世紀のジャブジャブ相場が終わるわけで、その影響は既存の金融市場だけでなく、仮想通貨市場も同じく影響を受け、

仮想通貨市場からも資金が抜ける=下落する

という予想もあります。

 

(つまり、現在の仮想通貨バブルも、この「金余り(ジャブジャブ相場)」の恩恵で起きているという話。)

 

どちらもあり得るロジックなので、今後どちらの展開になるか注目ですね。

 

 XEM テクニカル予想

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

XRP テクニカル予想

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

 DASH テクニカル予想

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

Bye-bye(^_-)-☆